純資産額が足りないときの貨物利用運送事業登録申請手続き

貨物利用運送事業の許認可を取得するための要件のひとつにお金に関するものがあります。具体的には、純資産額が300万円以上なければいけません。 これは貨物利用運送事業法令に規定されている「財産的基礎」と呼ばれるもので、純資産 […]…

»…の続きを読む

この記事では、貨物利用運送業をする事業をはじめようと思っている方に向けて、貨物利用運送事業をはじめるときに知っておかなければならないことや、失敗しがちなことについて、数多くの貨物利用運送事業の起業をお手伝いしてきた、運送 […]…

»…の続きを読む

第一種貨物利用運送事業(貨物自動車)の登録申請手続きの際には、利用する運送会社との間で締結した運送委託契約書の写しを運輸局へ提出いたします。 利用する運送会社とは、運送業務を外注する実運送会社や貨物利用運送事業者のことを […]…

»…の続きを読む

貨物利用運送事業の許認可をはじめて取得される事業者様は、申請に必要な書類は何なのか、書類の提出先がどこなのか、許認可取得までどれくらいの期間が必要なのかが気になるのではないでしょうか。 一方、許認可取得手続きの支援を行う […]…

»…の続きを読む

貨物利用運送事業の手続きのお手伝いをしていると、事業をはじめるにあたり融資を受けられないか、というご相談をいただくことも多いです。 融資を希望される事業者様の中には、いくら借りられるのか、自分でチャレンジして失敗してしま […]…

»…の続きを読む

このページでは、行政書士法人シグマに寄せられる、よくあるご質問についてまとめています。 ぜひお問い合わせの前にご確認ください。 貨物利用運送事業についてのご質問 Q. 貨物利用運送事業には更新手続きはありますか? A.  […]…

»…の続きを読む

貨物利用運送事業をはじめるにあたっては営業所が必要になりますが、バーチャルオフィス、レンタルオフィス、シェアオフィスといった場所を営業として使いたいという方は多くいらっしゃいます。 この記事では、バーチャルオフィスやレン […]…

»…の続きを読む

独立して運送事業をはじめたい 運送業の許可を取りたいが、ハードルが高くてすぐには難しい こんなことをお考えの事業者様の中には、まずは第一種貨物利用運送事業の登録をするという方が多くいらっしゃいます。 利用運送をステップに […]…

»…の続きを読む

貨物利用運送事業には2つの種類があり、第一種と第二種に分かれています。 これらの違いがとてもわかりにくいので、「やりたい貨物利用運送事業が第一種なのか第二種なのか判断できない」という方も多くおられます。 そこでこのページ […]…

»…の続きを読む

荷主企業から依頼を受けて、有償で運送業者を利用して貨物を運送することを貨物利用運送事業といいます。 貨物利用運送事業には第一種と第二種がありますが、この記事では第二種貨物利用運送事業許可の要件について細かく解説していきま […]…

»…の続きを読む

お客様の声

お客様の声
オンライン相談対応しています

行政書士

行政書士阪本浩毅
代表行政書士:阪本浩毅

行政書士内藤香織
行政書士:内藤香織

都庁前オフィス

武蔵小杉オフィス